代謝を下げるNGな行動 間違えたダイエットの方法とは

ダイエット

ダイエットを経験したことがあるという方は多いでしょう。
さまざまなダイエット方法がありますが、無理をしたり間違ったダイエットをすると身体の代謝を下げて逆効果を招いてしまうのです。
そこでここでは、代謝を下げる行動や食べ物などについてチェックしてみましょう。

1.代謝を下げる行動

代謝を下げてしまうとダイエットにも良くありません。
そこで、具体的にそのNG行動について見ていきましょう。

・食事で下げてしまう
まずは「朝食を抜く」という行動です。意外に食べないという方も多いようです。しかしこれこそが代謝を下げる行動なのです。
1日の始まりにしっかりとエネルギーを補給しないと代謝が下がってしまいます。また、脂肪や糖質の吸収率を上げてしまう結果になるので、ダイエットにも良くありません。
また、極端な食事制限も代謝に悪影響です。
暴飲暴食傾向にあるという場合には、健康的な範囲内にまで制限をする必要はありますが、そうでない限り野菜だけ食べたりキノコだけ食べたり飲み物だけで済ませたりというものはオススメできません。
一時的に体重は落ちるかもしれませんが、リバウンドの原因にもなりますし、何度も繰り返すことによって健康を害する可能性まで出てくるのです。

・水分補給を行わないこと
人間には1日2リットル程度の水分が必要だと言われています。
中には水分をあまり摂取いないという方もいらっしゃるようですが、これもまた代謝を下げてしまうのです。
体内にある余計な老廃物や塩分などを水分を摂取することで体外に排出しやすい環境をつくります。
水分を摂取しないとそうした代謝活動や循環活動が低下してしまいます。

・睡眠が不十分
睡眠が不十分だと、身体のエネルギー消費を停止してしまうという研究が発表されています。
エネルギー消費が停止するということは代謝が悪くなるということにもなります。
また、睡眠をとることによりホルモンやそのほか身体に大切な成分が分泌されます。
これらが滞ってしまうと代謝にも良くありません。
昼夜逆転の生活を続けているという場合にも同じことが言えるのです。

2.代謝を下げる食べ物

実は代謝を下げるというのは行動ばかりではなく、食べ物にもあるのです。
どのような食べ物が代謝を下げてしまうのでしょうか。

・冷たい飲み物や食べ物
まずは冷たい食べ物や飲み物です。
暑い時期には特に飲みたくなります。
決して絶対に飲んではいけないというのではなく、飲み過ぎに注意をするように心がけてください。
特に糖質が含まれているアイスやジュースはより一層代謝を下げてしまいます。
そして、胃腸にも冷たい食べ物飲み物は負担となってしまいますのでご注意ください。

・身体を冷やす野菜類について
野菜は栄養価も高いですし健康に良いというイメージがあります。
それには間違いないのですが、中には身体を冷やす野菜もあるのです。
トマト・きゅうり・大根などがこれにあたります。
しかし、食べ過ぎなければ問題はありませんし上手に組み合わせをょ行うことによって身体の冷えを防ぐことができます。
例えば、トマトに加熱をして食べたりソースにして食べる。大根にショウガやみそを合わせて食べるなどすると良いでしょう。

・鉄分と食べ物
鉄分は日本人に不足しがちな栄養素の1つです。
この鉄分の吸収率を下げてしまう食べ物があるのです。それがコーヒーや赤ワインです。
コーヒーは肝臓に対するリスクを抑えてくれるなどともいわれますし、赤ワインにもポリフェノールが含まれているので不健康だというわけではありません。
普段から飲みすぎる傾向があるという場合には、少し控えめにを意識すると良いでしょう。また、貧血のような症状を感じたら少し中止をしてください。

・添加物が含まれている製品
カップラーメンやインスタント類など添加物が含まれている製品を毎日食べているという場合には少し見直してみると良いでしょう。
時々食べるという分には構わないのですが、1日1食は摂取しているというようでしたら代謝を下げている可能性があります。
また、知っておきたいのは消化の際に身体に負担をかけて代謝が下がりやすい「加工品」です。
ソーセージやはんぺんなどがこれに含まれます。

・揚げ物類
身体の健康を守るには油の摂取も大切です。
ただ、特に揚げ物類からの脂質は体内に蓄積されやすく代謝にも影響してきます。
できれば飽和脂肪酸(酸化しない油)を使うように心がけましょう。
そしてくれぐれも避けたいのは油の使いまわしです。ついついもったいないなと思ってしまうものですが、長く使いまわしていると酸化した脂が内臓に負担をかけてしまいます。

3.まとめ

代謝が悪くなる行動や食品類を知ると、どのようにダイエットを進めていけばよいのかが見えてきます。
数字ばかりに目を向けずに、健康的にゆっくりとダイエットを進めていくことが大切なのです。
そして、筋肉量を落とさないように運動も取り入れていくのが理想的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました