コーヒーの驚きのパワー 健康にいい飲み方 (林修の今でしょ講座)

料理の雑学

チェーン店が増えたり、手軽にコーヒー豆を買えるショップが増えたりと以前と比べると身近な飲み物になっているコーヒー。
お好きな方も多いでしょう。
身体に良くない・カフェインが多いから飲まない方が良いなどといわれることもあるようですが、コーヒーには健康成分も含まれているのです。
健康的な飲み方からその成分までコーヒーについてご紹介します。

1.コーヒーに含まれる健康成分

コーヒーにはどのような健康成分が含まれているのでしょうか。
簡単な説明とともに見ていきましょう。

・カフェイン
血管拡張作用がある成分。
脳内のアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどに作用します。

・クロロゲン酸
ポリフェノールの一種で抗酸化作用がある成分。
ミトコンドリアの働きを促進する作用があります。

この2つの成分は非常に健康効果が高いとして注目をされています。
そればかりではなく、コーヒーの中には実は炭水化物・たんぱく質・脂質といったいわゆる「三大栄養素」も含まれているのです。
ここが注目されないのはあくまで生豆状態での栄養素だからです。
焙煎することによってすべてがなくなるわけではありませんが三大栄養素の含有量は少なくなってしまいます。

2.コーヒーの効果的な飲み方

ふとリラックスしたいときに手に取ることも多いコーヒーですが、健康という事を考えて摂取をする場合に実践していただきたい飲み方があります。

ドリップかインスタントかという点は、どちらでも構いません。
美味しいと感じる方で良いでしょう。
また、種類においても同様のことが言えるのですが、クロロゲン酸の含有量が多い種類が「モカ」になります。

オススメのタイミングは食前です。
食前にコーヒーを飲むことによって、含まれているカフェインが血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。
さらには、クロロゲン酸が胃や腸から血管に流れ込んでくる脂質を減少させてくれるという効果も期待できるのです。
できれば、朝食前に飲んでいただくと良いでしょう。
朝にコーヒーを飲むことによって、血流が正常になりやすくコレステロールや糖質を血管にたまりにくくしてくれるのです。
朝の血糖値が安定しているとその日1日安定しやすいとされているのがオススメの理由です。

飲み方についてはブラックが健康的で良いでしょう。
とはいえ、中には苦みが気になってブラックは飲みたくないという方も少なくありません。
そのような場合には少し糖分を足していただいても良いでしょう。
この場合、砂糖ではなく「ハチミツ」をひとたらししてみてください。
砂糖よりもカロリーは低いですし、ハチミツそのものに疲労回復効果や風邪の予防効果などがあるとされていますのでコーヒーにプラスするのには相性も良いでしょう。
また、ブラックコーヒーを飲むと胃が悪くなってしまうという場合には、豆乳を入れてみてください。
豆乳は抗酸化作用があるイソフラボン(ポリフェノールの一種)が含まれていますので、健康効果も期待できます。

飲む量は過剰でなければ問題はありません。
1日5杯前後であれば良いとされています。
ただ、気を付けてほしいのが就寝前のコーヒー摂取です。
快適な睡眠環境を作るためにも、コーヒーは「寝る4時間前」までにしておきましょう。
カフェインは摂取後30分から作用が始まり、3時間後にピークが来るです。

3.コーヒーを飲むと健康になる

クロロゲン酸には、レモンの10倍とまされている抗酸化力があるといわれています。
これが脂肪肝に良いといわれています。
脂肪肝は、肝臓の酸化が原因の1つです。ですから、抗酸化作用があるビタミンやポリフェノールを含んでいるものが効果を発揮してくれるのです。
さらには、抗酸化作用によって血管のサビを防ぐことができますから、心筋梗塞や脳卒中に対する死亡リスクを下げてくれます。
そしてこのクロロゲン酸には認知症のリスクを下げてくれるという効果もあるのです。
フィンランドの大学における研究で、1日3~5杯のコーヒーを毎日飲んだ結果、認知症の発症リスクが65%も低下したという結果が発表されています。
アルツハイマー病の原因となるアミロイドβの蓄積をクロロゲン酸が阻止しているからと考えられています。

カフェインは血流を良くしてくれる効果作用があります。
血液のろ過装置である腎臓の働きを良くしてくれます。
また、胃酸の分泌を促進してくれるので、消化を促進する働きもあります。
脳の活性化にも良いと言われているカフェインは、脳や脳幹の神経運動を活発にしてくれて、記憶力・思考力機能もアップします。

4.まとめ

健康イメージが少ないコーヒーですが、成分やその作用を見ていくと身体に良い栄養素が豊富に含まれていることが分かりました。
毎日長く健康でいるために毎日のコーヒータイムを始めてみてはいかがでしょうか。
脳に良いカカオ成分が高いチョコレートや素焼きのミックスナッツはお供としてぴったりの食品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました