美味しく続ける枝豆ダイエット

ダイエット

「夏」というと、枝豆を思い浮かべる方も多いでしょう。
今ではレンジ加熱ですぐに食べられる製品も販売されていて、より身近な食品ともなりました。
そんな枝豆ですが、ダイエットに効果的なのはご存知でしょうか。
今回は、枝豆ダイエットをご紹介します。

1.枝豆はなぜダイエットにいいのか?

枝豆がなぜダイエットに良いのかというと、その栄養価に秘密があります。

「ダイズサポニン」
枝豆の代表的な栄養素ともいえる成分です。
内臓脂肪を減らしてくれてさらには脂肪肝の予防効果があるとされています。
健康的なダイエットにピッタリの成分ともいえるでしょう。

「ビタミンB1」
ビタミンB1は糖質・脂質の代謝をサポートしてくれる成分です。
身体的な疲れにも効果的です。
痩せやすく太りにくい身体作りに大切なのがビタミンB1ともいわれています。

「食物繊維」
腸内を正常化してくれて、善玉菌を活性化させる。
それが食物繊維です。
便秘症状の改善から免疫力アップまで幅広い効果作用を持っています。

「レシチン」
レシチンは、体内に蓄積された要らない脂肪分を外へと排出し代謝を高めてくれます。

「ビタミンC」
紫外線ダメージの予防対策や、若々しい肌作りに大切な栄養素です。
細胞の酸化を防いでくれますので、錆びにくい体内を作ります。

「βカロテン」
抗酸化作用がある成分です。
免疫力と体内循環をアップしてくれます。

このほかにもたくさんの栄養価が含まれているのですが、ダイエットに有効的だと考えられるものだけでもこれほど考えられるのです。

2.枝豆ダイエットのコツ

枝豆ダイエットのコツはいくつかあります。

「おやつ代わりか食前食後に食べる」
お腹が空いたとき・食後の物足りなさを感じた時に食べるという方法です。
よく噛んで食べていただくのがポイントです。
食前に枝豆を食べる意味ですが、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。
また、食事の過食を防ぐ効果も期待できます。

「1食置き換えに」
置き換えダイエットというと、スムージーなどを思い浮かべる方も多いようですが、枝豆を置き換えてみましょう。
調理次第では、立派な一品になりますし塩ゆででも十分満腹感を得ることは可能です。

「料理にプラスワン」
枝豆は癖の強い風味がありません。
ですから、あらゆる料理に混ぜていただけます。
いつのもレシピに枝豆をプラスワンしてみてください。
かさましを枝豆で行うことによって、全体的なカロリーカットにもつながりますし、糖質や脂質もカットできます。

「1日3食枝豆を」
1日の食事に枝豆を取り入れるという方法です。
そのままはもちろんですが、先でご紹介したようにプラスワンしていただくことで飽きを感じる事なく3色取り入れていただけます。

3.枝豆ダイエットのデメリット

栄養価も高く手健康効果も高い。
満腹感もあるからストレスもたまらない。
良いところが沢山の枝豆ダイエットではありますが、デメリットとなってしまう部分はあるのでしょうか。

「過食」
枝豆はカロリーが低い食品ですがゼロではありません。
過食はしないよう心がけてください。
目安としては1日100gがオススメです。

「塩分」
塩ゆでをするのが一般的なイメージとして強い枝豆。
知らず知らずのうちに塩分量を摂取しがちなのです。
それがデメリットになるかもしれません。
水らが茹でる場合には塩分量を控えめに、市販冷凍のものであれば少し水につけて塩抜きを行いましょう。

4.枝豆を使った簡単レシピ

「枝豆もやしのナムル」
もやしをさっとゆでで水けをきります。ボールの中にごま油・だしの素・すりごまを混ぜ合わせ、そこにもやしと枝豆を入れて簡単ナムルの完成です。
シンプルな味付けですので、キノコ類を入れたり海藻を入れるとさらに栄養価も高くなりますしカロリーはいずれも控えめ食材ですから安心して満腹感を得ていただけます。

「枝豆ごはん」
白米の炊飯時にだしと枝豆を入れて炊き込みだけのメニューです。
料理初心者・未経験者の方も簡単に美味しく作っていただけます。
枝豆を混ぜることによって、白米の摂取量を減らすことができますしカロリーカットにつながります。
おにぎりにしても美味しいですし、見た目も綺麗なのでオススメです。

「枝豆野菜スープ」
玉ねぎ・コーン・人参・セロリなどお好みの野菜1cm角に刻んでおく。
水を沸かし、コンソメ・バター・白ワイン(あれば)・塩・コショウで味を調える。もしローリエがあれば半分に割って入れる。
煮立ったら火を弱め枝豆を入れて完成。
スープはそれぞれの野菜の栄養価をしっかりと摂取することもできますし満腹感もあります。
さらには、身体を温めてくれる効果もありますから代謝率も良くなります。
おかずスープにしたいというようでしたら、鶏むね肉などを入れてもヘルシーで美味しいでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか。
おつまみとしてたけではなく、枝豆をダイエットに取り入れることによって健康的に美しいスタイルを目指していただくことができます。
これからダイエットをという方はぜひともチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました