食事を抜くダイエットは古い! 最新版 痩せる食べ物 太る食べ物

ダイエット

痩せたい!という思いで食事を抜いたり少し無理をするようなダイエット経験をした方も多いでしょう。
やみくもにダイエットをするのではなく、なぜ太るのかという原因や食べ物について知ることが大切です。
ここでは、太る理由や痩せるための食事など「食べて健康的なダイエット」についてご紹介します。

1.何が原因で太るのか?

「体脂肪を考えていない」
太っているというとイメージとして体重が多いというものがあるでしょう。
もちろん、そうした見方もありますがそれより大切なのは体脂肪です。
体重が多くても筋肉量があればそれは太っているとは言えません。
体脂肪を考えていない生活環境が原因となります。

「カロリーをコントロールできていない」
太ると思いながらもついつい食べてしまう。
などと、頭では理解をしているものの結果として1日の必要摂取カロリーをオーバーしているという場合です。

「乱れた食生活」
ながら食べやだらだら食べ、早食いや夜遅くの食事など、食生活が乱れてしまうと太りやすくなるとされています。
脳が正しく織女摂取したと認識をしにくくなってしまうために太ってしまうのです。
また、満腹感はあるのに近くにお菓子などがあるからついつい手を伸ばしてしまうという食生活も太りやすくします。

2.痩せる食べ物

食べてダイエットをする場合、積極的に取り入れたい経痩せる食べ物があります。

「豆腐」
低カロリーでオリゴ糖や食物繊維が含まれている食材です。
腸内環境を正常化してくれることから、ダイエットにピッタリなのです。
満腹感もじゅうぶんなものがあります。

「野菜類」
ダイエットの定番食材といえるのが野菜類です。
ビタミン・ミネラル・食物繊維などさまざまな栄養素を含んでいる食材です。
種類をえらべば満腹感も得ることが可能です。
食物繊維が多いものであれば、糖の吸収も抑えてくれますから、ダイエットの味方となってくれるでしょう。
また、代謝を高めてくれる栄養素が含まれているトマトやアスパラもオススメです。
むくみ体質であれば、利尿作用があるキュウリを取り入れてみるのも良いでしょう。
ここで注意をしたいのが「イモ類」です。
白米と比較をするとカロリーは高くありませんが、野菜類の中では高いので食べすぎには注意をしましょう。

「たまご」
太りやすいというイメージを持っている方もいるかもしれません。
たまごはミネラルやビタミンなどたくさんの栄養価が含まれている上に糖質が低いという特徴があります。
ですのでダイエットに向いている食材なのです。
注意点は調理法や調味料です。

これら食材以外に料理という点で見ていくと、むね肉を蒸したものである「サラダチキン」は脂肪分が少なく満腹感があります。冬のダイエットにはぴったりの「おでん」も各食材が低カロリーです。
飲み物類であれば過食抑制効果があると言われている炭酸水が良いでしょう。

3.太りやすい食べ物

では逆に、太りやすくしてしまう食べ物も確認しておきましょう。

「カツカレー」
白米・小麦粉・パン粉という炭水化物であるカツカレーはカロリーが1000kcalをオーバーするほどのメニューです。

「かつ丼」
カレー同様にかつメニューであるカツどん。
どんぶりに入れるご飯の平均カロリーが350kcal、豚肉をロース肉だとすると250kcal、それを揚げて甘めのダシと卵を絡めてのせます。
家で作る分にはカロリーコントロールは若干できるものの、外食ですと1000kcalオーバーしてしまいます。

「カルボナーラ」
好きな方も多いであろうカルボナーラ。
パスタの中でも生クリームやチーズさらには脂分の多い加工肉であるベーコンを使用していることからカロリーが高くなってしまいます。

4.痩せるための食事方法

「野菜から食べる」
食事を食べる際、その1番目に野菜を食べましょう。
血糖値の上昇を緩やかにしてくれますし、過食を防ぐことができます。

「時間帯を考えて食べる」
仕事の都合などがあるかもしれませんが、できれば20時以降の食事は避けてください。
睡眠時に蓄えられる脂肪を増やしてしまうのを防ぐにはこの時間を目安にしていただきたいのです。

「夕食の全体量」
3食中、夕食は身体に脂肪をためやすいので一番軽めにしていただくのが痩せる食事ポイントです。
たとえば、おかずはしっかり食べる代わりに炭水化物を有食事のみかッとするというのも良いでしょう。
どうしても炭水化物が食べたいという場合には、白米をいつもの半分にしておくなどという方法もあります。
揚げ物など脂質が多いメニューも避けましょう。

5.まとめ

人それぞれの体質が異なりますし、スタート時の体内脂肪が同じではないためにどの程度で効果が出るかということは一概にいえません。
しかしこれらご紹介したことは、健康にも良いダイエット方法ですので実践する価値はあるでしょう。
かなりの肥満傾向にある・病気リスクが不安だという方は、ダイエット外来や肥満が依頼を受診していただくのが安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました