5月18日所JAPAN古文書レシピ リュウジさん考案 現代風たまごふわふわの作り方

レシピ

2020年5月18日で放送されたたまごふわふわレシピを紹介したいと思います。

料理研究家リュウジさんが考案したたまごふわふわレシピで、江戸時代の古文書に記された料理を現代風にアレンジしたものです。

1、たまごふわふわうどんに必要な材料

 ・ゆでうどん1玉

 ・鶏もも肉100g

 ・卵1個

 ・長ねぎ 少々

 ・水260ml

 ・白だし大さじ2

2、調理方法

 1、長ねぎを薄切りにする。

 2、鶏もも肉も1口サイズに切る。

 3、土鍋に水、白だし、鶏もも肉を入れて火にかける。

 4、ボウルに卵を割り、卵白と卵黄を分ける。

 5、卵白をアク取り網を使用して、こすようにして泡立てメレンゲを作る。

 6、だしが沸騰したらうどんと、長ねぎを入れる。

 7、先ほど分けた卵白に卵黄を入れて軽く混ぜる。

 8、最後に混ぜた卵を優しく土鍋に入れて10秒ほど蓋をしたら完成です。

3、まとめ

当時卵は貴重な食材で1個1000円ぐらいしたそうです。

そのためたまごふわふわは江戸時代のセレブが食べていたと考えられてます。

3代将軍 徳川家光が後水尾天皇をもてなした時に「たまごふわふわ」を出したという記述が残っているそうですよ。

今回紹介したレシピは簡単に作れるので、ぜひセレブ気分を味わってみてはいかかでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました