1日を快適に過ごすには朝が大事 スッキリ目覚める睡眠習慣

豆知識

早起きは三文の徳!
と昔から言われていますが、分かっていてもなかなか早起きができないという方も多いでしょう。
早起きにはさまざまなメリットがあるので習慣化させてみてください。
ここでは、そんな魅力から早起きできない原因や睡眠のためのコツをご紹介します。

1.早起きする3つのメリット

早起きをするメリットはたくさんあるのですが、その中でも3つを選りすぐってみていきます。

・すっきりと気持ちが良い
日光を浴びて大きく新呼吸をすると晴れ晴れとした気持ちになるという経験もあるでしょう。
まさにこれが「活力」につながるのです。
ポジティブな気持ちにもなりやすく、自律神経のリズムも整いやすくなります。
朝の光を浴びることは「セロトニン」といって、幸せホルモンの分泌にもつながります。

・時間を有効活用できる
メディアなどに一時期取り上げられていた「朝活」。
朝の時間を有効的に使うことを指すのですが、まさにこの通りに時間を有効活用できるのです。
人と会う予定や誘惑が少ない朝の時間を利用して、勉強や習い事・運動など好きな時間に充てられます。
また、食事もゆっくりととることができます。

・生活リズムが整いやすくなる
早起きをすること。
それは、夜しっかりと眠たくなるという事を意味します。
早寝早起きのリズムを整えることができますので、生活リズムが健康的になります。
不規則な生活を続けていると、疲労やストレスもたまりやすく心身の不調さらには美容にも良くありません。
本当の綺麗を目指したい方には嬉しいメリットです。

2.早起きできない原因とは

早起きする気持ちはあるのに、早起きができない。
そのような場合、原因はどこにあるのでしょう。

・就寝時間が遅い
就寝時間が遅くなると、睡眠時間そのものが短くなってしまうために早起きができないのです。
睡眠時間を確保する工夫をすると良いでしょう。
いつもより少し早めに眠るなど、段階的にリズムを整えましょう。

・お昼寝をしてしまう
夜の睡眠時以外の睡眠。例えばお昼寝です。
数十分程度のお昼寝であれば良いともされていますが、2時間・3時間とまとまったお昼寝をしてしまうと夜の睡眠を妨げてしまうのです。
その結果、夜更かしをしてしまい翌日またお昼寝をしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

・眠りが浅い
眠るが浅い方はどうしても早起きが難しくなってしまいます。
良い睡眠をとるための環境作りから始めるのがオススメです。
また心身のストレスが溜まっていることが原因となり、睡眠が浅くなるという方もいらっしゃいます。
思い当たる節がある方は、上手なストレス解消や疲れをとるリラックス法を実践していきましょう。

3.しっかり寝るためのコツ

しっかりと睡眠をとるためのコツはいくつかあります。
生活の中で今すぐできるものから取り入れていきましょう。

・軽い運動
日中に運動を行い、適度に身体を疲れさせておくと夜になれば自然と眠たくなります。
入眠もスムーズになるでしょう。
脳ばかりが疲れているけれど身体が疲れていないというアンバランスな状態が最も眠りにくい環境を作ってしまうのです。
注意をしたい点は、運動は「日中」に行うということです。睡眠前に運動をすることは避けましょう。

・カフェインの摂取
カフェインを含むドリンク類は、夕方までに抑えておきましょう。
カフェインの覚醒効果は数時間継続するとされています。
夜に飲んでしまうと入眠の妨げになるのです。
ホッとした瞬間にコーヒーを飲みたいという方も多いかもしれません。
もし飲みたいようであれば、ノンカフェインのものでリラックスしてください。

・食事と入眠時間
食事は就寝の「3時間前」までに済ませましょう。
入眠時には消化もされて位の活動も収まっていますので、睡眠の質の向上につながります。

・電気を消す
電気をつけたまま眠ってしまうと、脳や身体が光を感じてしまうので「昼間」と認識してしまうのです。
眠りが浅くなってしまったり、寝つきが悪くなってしまうので要注意。
真っ暗にした方が良いのか、豆電球程度の灯りが良いのかという問題につきましては、自分がより眠りやすい方を選ぶのがオススメです。
双方試してみて比較してみると良いでしょう。

・入眠時の習慣をやめてみる
寝る前にスマホを見たりパソコンをしたりテレビを見たり。
そのような方も多いでしょう。
特にベッドに入ってからは厳禁です。
光の刺激で目がさえてしまうのです。
もし、そんな習慣があればやめてみましょう。

・早くベッドに入る
早寝は少しもったいないという気持ちがするかもしれません。
しかし、早く起きられるので朝の時間を有意義に過ごせますので、早くベットに入るよう心がけましょう。
決まった時間にベッドに入るように心がけるのがポイントです。

4.まとめ

早起きはできないという方も、原因を知り、ぐっすりと眠れるコツを実践していただければ規則正しく心身ともに健康的なサイクルを作っていただけます。
ぜひとも早起き習慣を始めてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました